舌小帯短縮症

舌小帯短縮症とは

舌の裏側の真ん中に口の底に向かっているヒダを舌小帯といいます。

このヒダが生まれつき短いことがあり、これを舌小帯短縮症あるいは舌小帯強直症といいます。

どの程度の症状で治療が必要か

小児や児童の場合も含め、舌小帯が短い場合には、舌を前の方に突き出すとき、舌の先端にくびれができ、ハート型またはW字型の舌になります。

乳児の場合、舌先になればなるほど、舌小帯が短ければ短いほど、哺乳力が弱く、体重増加が悪くなりますが、このような場合には、小児外科などで、新生児、乳児期に切っておくほうが良いと考えます。

舌の先を上の歯の裏の歯肉に付けることができたり,舌を出したときに舌の先の中央がハート形にくびれなければ,手術の必要はありません。

手術が必要な場合は,舌小帯が極端に短いために、タ行、ラ行、サ行の発音がうまくいかなくなったり、英語などの外国語の発音が上手くできないなどのことがあれば、治療の対象になると思われます。

治療

手術は局所麻酔をしたうえでメスなどを用いて舌小帯を延長します。切る部分は粘膜なので、適切に手術が行われると出血などもほとんどなく、術後の痛みもあまりありません。一方で、舌尖下面の前舌腺、口腔底の舌下腺や舌下腺開口部を傷つけないよう注意が必要です。

舌小帯強直(短縮)症の手術
  • STEP 01

  • STEP 02

  • STEP 03

  • STEP 04

小帯を延長するために舌を上下にけん引しながら、メスで小帯を切離し、延長する。

About Us

命を預かる歯科口腔外科診療

口の病気には口腔癌など命に直接関係する怖い病気以外にも、心筋梗塞や脳梗塞を起こす血栓の原因である歯周病菌や、誤嚥性肺炎の原因、敗血症の原因になる病巣、骨粗鬆症の診断など命に直結する疾患や原因が多く存在します。
私ども東京銀座シンタニ歯科口腔外科は、院長である新谷悟教授の25年に及ぶ口腔外科医として心血を注ぎこむ命を預かるクリニックとして開院いたしました。

Clinic Information

  • 平日  10:00~13:00 / 14:30~19:00
  • 休診日  日曜、祝日

Zip:104-0061


Address:東京都中央区銀座1-8-14 銀座大新ビル5F


Phone:03-3538-8148

Access Map