鼻口蓋管嚢胞

鼻口蓋管嚢胞とは

胎生期の鼻口蓋管の上皮遺残に由来する顎骨の非歯原性発育性嚢胞。

上顎の正中で前歯の根の後ろあたりに、鼻口蓋管(切歯管)と呼ばれる、神経と血管が通る管があります。ここにできる皮袋=嚢胞が、鼻口蓋管あるいは切歯管嚢胞とも呼ばれる病気です。

嚢胞=皮袋が、小さいものでは症状はありませんが、袋が大きくなると、上顎の前歯の裏側が腫れたり、痛みを伴うようになるなどの自覚症状が出てきます。

このように自覚症状が出てから気づく場合と、むし歯などの治療に伴い、偶然に撮影したX線写真で発見される場合とがあります。

どんな病変か・原因は

嚢胞が小さいときには無症状ですが、大きくなると、口蓋部に膨らみを感じるようになり違和感や痛みを感じる場合もあります。また、感染すると膨らんだ部分から排膿することもあります。

エックス線所見としては、境界は明瞭な類円形の透過像として認められますが、前鼻棘という鼻の下の骨が重なることでハート型の透過像として見えることもあります。

病理学的特徴

組織学的には、立方上皮や線毛円柱上皮あるいは扁平上皮が裏装することが多いですが杯細胞であるgoblet cell が介在して粘液を分泌している像も見られることがあります。

治療の方法

治療:全摘出摘が行われます。

症例

28歳、女性

前医で歯科治療のためにパノラマレントゲンを撮影し,上顎前歯部の根尖に類円形の透過像を認め、歯根嚢胞と誤診され根管治療を受けましたが、全く治癒しないので、CTを撮影したところ、根尖とは関係のない部位に病変を認め、鼻口蓋管嚢胞の診断にて、当クリニックを受診された患者さんです。

鼻口蓋管嚢胞の診断下、摘出術を施行することにしました。

鼻口蓋管嚢胞のCT所見 点線で囲む範囲に嚢胞による骨の吸収が認められる。

About Us

命を預かる歯科口腔外科診療

口の病気には口腔癌など命に直接関係する怖い病気以外にも、心筋梗塞や脳梗塞を起こす血栓の原因である歯周病菌や、誤嚥性肺炎の原因、敗血症の原因になる病巣、骨粗鬆症の診断など命に直結する疾患や原因が多く存在します。
私ども東京銀座シンタニ歯科口腔外科は、院長である新谷悟教授の25年に及ぶ口腔外科医として心血を注ぎこむ命を預かるクリニックとして開院いたしました。

Clinic Information

  • 平日  10:00~13:00 / 14:30~19:00
  • 休診日  日曜、祝日

Zip:104-0061


Address:東京都中央区銀座1-8-14 銀座大新ビル5F


Phone:03-3538-8148

Access Map